このページの先頭です

20代の恋活と婚活の悩み

309views

投稿日:

恋愛は、年代によって目的や意識がガラッと変わってきます。好き!だけで突っ走れる10代の恋愛を乗り越えてちょっと落ち着きが出るころ・・・それが20代前半です。社会に出て仕事が慌ただしくて、ほっとしたときにふと人恋しくなる。休みを楽しく過ごす相手が欲しい。まだ体力もあるので、金曜の夜から土日にかけてイベントで楽しんだりして、楽しければOK、な感じです。20代前半では結婚を考えることも実際あまりありませんしね。

しかし20代も後半になってくるとじんわりと結婚する友達が増えてきたりして、恋人がいないとちょっと焦ってきます。学生時代からつきあってます、というような人は女性側からじわじわ結婚の話が出てもおかしくない状態になってきます。何だかんだいいながら、やはり親世代は「20代での結婚」を推してくる部分もまだまだあります。特にいい会社に入って高い収入が得られているメンズはロックオンされるでしょう!

僕の知人でも、彼氏が安定した職業についていたので絶対に別れない、とばかりに転勤やら何やらにかたっぱしからついて行った女性が数人います。20代でも結婚願望の強い女性はやはりいますし、年収はあればあるほどいい、という考え方があるのも、お見合いパーティーで最初に年収をチェックされる、という話でも分かると思います。20代後半は、同じ20代の恋愛でも、結婚を意識する率がぐんと上がってくるという特徴があります。

また、20代前半は「連れ歩いて見栄えのいい相手」「自慢できる相手」に重きを置くところがあります。10代に引き続き、見た目重視な部分が否めません。しかし、結婚を意識するようになると見た目よりも「中身」を重視する人も増えてきます。長い時間一緒にいても疲れない相手、自分が素でいられる相手かどうか、というところを気にし始めるでしょう。特に同棲したり、週末一緒に過ごしたりするようになるとなおさらです。

女性で多いのが、すっぴんを見せられない、という悩み。結婚したらいつもばっちりメイク、というわけにはいかないのです。緊張せず素顔が見せられるかどうか、というのはかなり大きく影響するようです。男性にしても、例えば目の前でおならができるか、などが結構重要な判断基準になるとか・・・。24時間365日顔を合わさない日はない、となったら、ずっと緊張しているわけにもいきません。寝ている間に変な顔をしたりする可能性もあるんです!それを許し合える相手じゃないと、ですよね。

同じ20代なのに、前半と後半では大きく変わってきます。実際のところ、他の年代はここまで顕著ではないようです。やはりまだまだ「結婚適齢期」と言われる20代の恋愛は、楽しい恋愛と結婚を見据えた恋愛の両方が入り混じる形になってしまうのは仕方ないことでしょう。

男性に比べて女性は結婚を意識する年代なので、まだまだ楽しい恋愛でいいじゃん!と思っているのなら、あまり女性に期待をさせないように気を付けましょう。自分のゴールが結婚にあるのか、それとも楽しい恋愛にあるのかをしっかり見極めて、お相手を選ぶときも同じ目的にある人を選ぶようにしましょう。

例えば、自分がまだまだ恋愛を楽しみたいのに、相手は結婚を目指していた場合、いつもいつもことあるごとに結婚をちらつかされてちっとも楽しくないでしょう。某女性芸人みたいに毎回「行きたいところは?」「区役所」なんて言われたら正直たまりませんよね。逆に自分は結婚したいのに、相手は「今が楽しければいいのよ♪」というタイプであれば、お付き合いがうまく行かず、後々「こんなはずじゃなかった!今頃結婚している予定だったのに!」と焦って婚活することになっちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です