このページの先頭です

30代の恋愛は20代とは違うの?

178views

投稿日:

恋愛にはそれぞれの年代で特徴があります。一番微妙なのがもしかしたら30代かもしれません。はるか昔になってしまったバブル時代に流行ったマンガ「お嬢だん」。その中で主人公が母親に結婚を迫られた際に「クリスマスすぎても大晦日までに行けばいい!」と豪語していました。つまり25歳を過ぎたら焦るけれど、最終的に31歳までに嫁に行ければいいのよ、ということですね。

それからさらに時代は流れ、今は女性の初婚年齢がすでにこのクリスマス(31歳)に近い29.4歳(2015年調べ)になっています。ちなみに男性は31.1歳、まさにクリスマスになっていますね~。30代になって本格的に結婚を考えるようになる人も増えている、ということなのでしょうか。

そんな30代の恋愛の特徴として調べてみると、「えり好みが激しくなっている」「結婚への焦りがある」「割り切って次から次へと付き合えない」というものが挙げられます。男女ともに、選び放題だった20代の頃の余韻が残っていて、自分以上のランクを求めてしまったりすることが増えているそうです。これは実際に結婚相談所などでも指摘される部分なんだそうです。

加えて、男女ともにそこそこのキャリアを積み、給料もアップしているお年頃。どうしても年収が気になったり、キャリアの具合が気になったりするようです。また、若さゆえの情熱、というものが若干薄れているので、「このぐらい何とかなるよ!」とも言えなくなってきて、細かい欠点などが気になってうまくお付き合いに進むことができない、ということが起こりがちなようです。

そして結婚への焦り。30代になると男女ともに親からの攻撃がハードになってきます。「孫を抱きたい」とか「あなたの結婚式を見るまでは」みたいなよくドラマであるような話が現実に自分の身に起こり始めるんですね。プラス、周りがじわじわと結婚したり、出産報告も増えてきたりしてじんわりと「そろそろやばい?」と思い始めるころです。正月のたびに結婚しましたが出て、さらに親の攻撃も激しくなるという悪循環。とりあえず誰でもいいから結婚した方がいいのか?と慌てて結婚相談所や婚活サイトに登録したりしはじめます。もはや、恋愛相手を探すのではなく、求めるのは結婚相手のみ、となる人も多いです。女性はここに出産も関わってきますので、余計に焦りが出るかもしれないですね。

そして3つ目、ダメでも次にいけないというものです。30代になると、この次に出会いがあるだろうか、という不安が出てきます。ダラダラ付き合っていると、「そろそろ結婚」という話がパートナーから出てきて悩んでしまうこともありますね。結婚を考えるほどでもないけれど、でも今別れたら次が見つかるのか?そもそもここまで付き合った相手を捨てる形になっていいのか?などいろいろな葛藤が生まれてきます。20代の頃はあまり考えることなく次に行けたのに・・・。ああ、30代だなと思う瞬間ですよね。

しかし、問題点ばかりではないのです。酸いも甘いも経験してきた30代、若い頃に比べて精神面でも成長しています。不安からくる束縛などが少なくなると言われています。10代20代に比べて相手を信頼する力もついてくるので、携帯をチェックしたり、というようなことも激減し、もめ事も少なくなるそうですよ。そしてお互いを尊敬することができるようになるのも30代です。だからこそ、お互いの性格を納得したうえで結婚という形をとることができるんですね。若い頃の結婚に比べて離婚率が低いのも30代での恋愛を経験しているメリットだと言えるでしょう。

いかがだったでしょうか。年代別の特徴をしっかりとつかみ、お相手の年齢に合わせた恋愛対策、さらには婚活対策を取っていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です