このページの先頭です

40代の出会いや恋活について真剣に考える

161views

投稿日:

出会いは年齢が上になるほどない、という話があります。一番多いのは20代で、40代になると厳しい、そして60代を超えるとまたお茶のみ友達を探す、みたいな噂もよく耳にします。しかし、実際はそうでもありません。特に東京などの中心部においては、男女問わず40代の出会いもないわけではないのです。

40代の出会いがないと言われる理由

理由はいくつかあるのですが、そもそも東京では結婚よりも仕事!と頑張っている女性が多いということです。僕の知人にものすごく可愛らしい女性がいます。背も小さく、顔も可愛い、守ってあげたくなるような見た目をしています。しかしながら「私は仕事すんのよ!」と、彼氏も作る気ナシでバリバリやっていました。しかし、40代になり、周りは子育て真っ最中、または子育てが終わった人ばかり、となると「私もちょっとやばいんじゃないかな」と思い始めた様子。

かといって地元に帰っても、地元の人はもうすでに相手がいるし、そもそも結婚しても東京にいたいし・・・。ということで、最近は出会いを求めて婚活サークルに参加しているそうです。地位もやりがいも手に入れ、ひと段落した40代は、ふいに出会いが欲しくなるようですね。「子ども産むならそろそろリミットだもんね」とつぶやいていたのが印象的でした。まあ、人のことを心配している場合でもないのですが(汗)

40代の男性の出会いの事情

この心理は男性も同じですが、男性の場合は少し事情が違うようです。というのも、これもこの頃ニュースを見ていると見かけるデータなのですが・・・。最近は大学に行くのに奨学金を借りたりしていて、その返済が大きく、若いうちは結婚なんてとても、という人も増えているようなのです。仕事での地位があがり、給料も多くなってきて返済も落ち着いた、それがちょうど40代なのですね。「これなら結婚できる」とめどがついた男性陣は、ここから婚活を始める、という感じなのです。

これはどうしても物価が高かったりして生活費がかかってしまう東京などの都会に多く見られる現象のようです。このニーズを把握して、東京では40代を狙った婚活パーティーの広告も多く見られます。出会い、東京、40代で検索をかけると本当にたくさんの情報が出てきます。場所も幅広いので、自分が行きやすい場所を見つけるのも簡単。なので、出会いを求めるのであれば婚活・恋活サイトにエントリーしたり、社会人サークルなどに所属すると案外簡単に出会いの場に参加することができるようです。

 40代の恋活は地元を重視してみる

しかし、東京出であっても将来は地元に帰りたいんだ!なんていう方は、地方のイベントも要チェックです。最近では地方も「若い人に戻ってきてほしい!」ということで、地元でやる婚活パーティーのお誘いに来るようです。「九州~」とか「四国~」みたいに、東京にいる地方出身者の通じてそういうイベントを打ち出してくることが増えているので、いつか結婚して地元に、の人であれば、それを狙ってみるのもいいかもしれません。実際、Uターン、Iターンで結婚すると家を格安で提供してくれたりもするようなので、気軽な出会いではなく、本気で結婚を考えているのであればそれもありかな、と思います。これもまた知人の話ですが、東京から夫婦で移住したら田舎だけど広い家と畑が格安で提供されて自給自足の生活を楽しんでいるそうです。

東京での40代の出会い

東京で出会いを求めるのであれば、特に40代になると「気軽な出会いじゃなくて結婚!」というふうに切羽詰まっている人もいます。ニーズが違う相手と出会ってしまうと結局時間の無駄になってしまうこともあります。ただ一人でいるのが寂しい、素敵なパートナーが欲しいのか、それともガチで結婚したい!相手が見つかれば今すぐにでも!という状態なのかによって出会いを求める場を使い分けるのもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です