このページの先頭です

婚活アラフォー女性の怒りとは?

266views

投稿日:

先日、婚活をしているアラフォー女性が激怒している記事を読みました。「自分は婚活を一生懸命頑張っているのにちっとも相手ができない、でも同じ会社に、再再婚する女の人がいる。そうやって何度も結婚する人がいるから私ができないんだとすごく不愉快になります!文句言ってもいいでしょうか」というような内容でした。アラフォー女性がいかに必死に婚活をしているのかがひしひしと伝わるなぁ、と思いつつ、でもそんなに切羽詰まっている人が来たらちょっと怖いよな、と思ったりもしました。

なぜアラフォー女性の婚活がうまくいかないのか、気になって調べてみました。そうすると、アラフォー女性がターゲットにする年齢層は、婚活している人がすごく減るらしいのです。やっぱり未婚率は20代が圧倒的多数で、40代になるとその半分くらいになっちゃうらしいので・・・。

そのうえ、ターゲットになる同じくらいの年代の層は、子どもが欲しいから若い方がいい、っていう人も多いらしく、40代女性はちょっと、って避けられてしまうことも多いのだとか。なので、実は婚活において一番厳しい状態に置かれているのがアラフォー女性らしいのですよね。

実際、僕の周りにいる結婚しているアラフォー女性でも、「早く子どもを産まなきゃ」と焦っている人が多いです。まだ結婚もしていない、という場合はきっとすごく焦るのでしょう。不妊治療とかも40ぐらいが区切りだったような気がします。

でも、アラフォー女性がいい、という人も当然います。社会人生活が長いため、それなりの地位も収入もあるから安心して共働きができる、という感じです。自分に依存しないで、同士として働いてくれる人がいいと思っている男性は案外多く、しかもいわゆるハイスペックと言われる人たちにこのタイプが多いようです。いつだったか、起業家の男性たちが求める奥さん像の話を読みましたが、彼らがこぞって挙げているのは、自分の仕事を支えてくれる能力のある人、そして一人の時間をきちんと楽しんでくれる人、ということでした。若くて見栄えのする、いわゆる「トロフィーワイフ」はあまり必要とされていないようでした。

アラフォー女性を相手に選ぶ男性は、すべてを考え合わせて本気のお付き合いを考えている人が多い、という情報もあります。僕の知人のアラフォーバツイチ女性は最近再婚しましたが、お相手は「子どもがいることを承知で好きになったのだからいい」と熱烈プロポーズされていました。若くなくても、バツイチでも魅力がある人はやっぱり魅力があるんです。そして、それを認めてくれる男性もきちんといるんですね。だから「私はアラフォーだから」と婚活にものすごく妥協をしなくてもいい、ということをお伝えしたいところです。

ただ、アラフォー女性が避けられがちなところは、自分の年収が高いから相手にもハイスペックを求めることが多い、という点のようです。若いとそれは難しいですし、そもそも高い年収の男性って、結構早いうちにゲットされていたりしますし、若い女の子もターゲットにしています。ライバルが多くなる市場を狙うことが多いため、婚活も厳しくなってしまうんですね。「何なら私が食べさせてあげるわよ!」ぐらいの気概があると、案外年下でもうまくマッチングするんじゃないかなと思います。実際僕でも、年収1000万ぐらいで、と言われるかも、と思ったらどんなに素敵な人でもアタックはできないですもんね。

自分は今までしっかり頑張って来た、という自信は持つべきだけれど、相手に求める条件をもう一度見直してみること。それがアラフォー女性の婚活をうまくいかせるためのポイントかなと思います。少し考えを変えるだけで素敵な出会いが待っていると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です