このページの先頭です

恋愛、恋活と会話、そして婚活へ、、、

196views

投稿日:

会話の上手な男性は、やはりモテるという話を聞きます。当然、婚活でも会話は最重要課題です。いかに短い時間で自分のことを伝え、しっかりアピールできるかで婚活が成功するか失敗するかが決まると言っても過言ではないでしょう!とはいっても、短期間でものすごいスキルアップというのはなかなか難しいもの。そもそも口下手の人もいるかもしれませんよね。それに緊張するとまた思ったようにしゃべれないのが現実です。ですので、ここはポイントを絞って婚活を成功させる会話についてお話していきたいと思います。

まずは挨拶。そんなの誰でもできるでしょ、と思いますが、ここにもコツがあります。恥ずかしがらずに顔を上げましょう!下を向くと声がこもってしまい、暗い印象を与えます。少しでも明るく爽やかな雰囲気を醸し出すためには、前を向いて笑顔で、そしてハキハキと挨拶をしましょう。

もし可能であれば、相手の目をしっかり見てください。あ、でも普段から目つきが悪い、と言われている人はガン見するのではなく、みけん辺りを見るとバチッと目が合わないので柔らかい印象を与えます。普段から顔が怖いとか目が怖いと言われ、「本当はそんなことないのに!俺優しいのにっ!」と思っているあなたはここ、忘れないようにしてみてくださいね。

挨拶で好印象を与えたら、その後も会話が弾みやすくなります。この会話の内容は、いくつか準備をしておきましょう。ここで覚えておきたいのが「たちつてとなかにはいれ」です。た・・・食べ物、ち・・・地域、つ・・・通勤、て・・・天気、と・・・富、な・・・名前、か・・・体、に・・・ニュース、は・・・流行り、い・・・異性、れ・・・レジャーです。さすがにこれを全部準備しておくのは難しいですし、婚活の時にあまりに異性の話に終始するのも問題ですよね。なので僕としては、食の好みを探るためにも食べ物、そしてさり気なく遊びに行く場所を探るために地域、そしてレジャーかな、と思います。

何と言っても、結婚を見据えたお付き合いですからね。僕の知人で、食の好みが全く合わず、食べたいものも食べられないと辛そうな人がいるんです。そして、「奥さんの料理がマズくて」という人も知っています。そうならないためにも、付き合っている間にここの好みは把握したいと思うわけです。だからこそ、最初の会話で食の傾向を掴んでおくのもありかな、と思います。

そして地域。あまり遠いところに住んでいるとデートもしにくいですし、会話も盛り上がりにくいですよね。知ってる場所、遊びに行く場所が一緒だと「じゃあ今度行きましょう!」というふうにデートにこぎつけやすくなります。女性にしても、知らない場所にいきなり誘われるよりは安心感があるようで、案外「とりあえず一緒に出掛けてみよう」と思ってもらいやすいみたいです。

これはレジャーにも通じるものがあります。例えばサイクリングが好きなアウトドア女子だったとしたら、そこまでサイクリングはもちろん、一緒にドライブとかもアリですよね。また、ここで自分と趣味が合うのかが判断できます。僕は超アウトドア派なのでお付き合いする女性はアウトドア派がいいです。でも過去お付き合いした子が付き合いだしたら実はすごいインドア派で、すごく楽しくない・・・ということがあったんです。結婚してからそれってたまらないので、婚活の時点で探りを入れておきたいところです。

会話が盛り上がるためもありますし、お付き合いしていきたい人かどうかを判断するにも、婚活の際の会話のチョイスはすごく大事だと思います。自分が話しやすいこと、そして知りたいことを合わせた会話ができれば、楽しく、しかも効率的に婚活ができると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です