このページの先頭です

出会いアプリをキッカケに結婚?

168views

投稿日:

イベント前になると、急に自分がシングルなのが辛くなってきます。あれ、何で僕には一緒に過ごす恋人がいないんだろう?なんて思わずセンチメンタルな気分・・・。コンパも紹介も限界があるし、自分が幹事をするのも厳しいし。そもそも仕事が忙しいと出会いの場を設けてもらったとしても行くことさえもできず。参加できなければ当然出会いもないわけで。

最近仕事が忙しくて出会いがない、という人の気持ちが痛いほど分かるのです。そして、寂しさから出会い系のサイトに登録しちゃう人の気持ちも。でも、出会い系のサイトであればやっぱりその場が楽しければいい、というちょっぴり割り切った出会いを求めている人や、ちょっとだけ楽しい時間を過ごしたい、という人が多いような気がしてしまいます。

正直僕は結婚まで持っていければ、と思っているところがあるので、できるだけ真面目な出会いを求めているところがあるわけです。そうするとついサイトを避けちゃうのですが、実際にサイトでの出会いで結婚までこぎつけた、という人もいるようです。サイトでの出会いのメリットとしては、お見合いや結婚相談所のように、いきなり年収とかで判断されないことです。恋活同様、気が合えば付き合ってみよう、というような気軽な感じで使えるのがいいんですよね。

実際に「サイトで生まれた出会いから結婚に至りました」という人のお話をチェックしていくと、お友達募集などもできる婚活サイトで出会った人と実際に外で会ってみたら顔も好みだし、性格も合う。いろんなしがらみとかを考えず、純粋にお互いだけを見るので結婚に至りやすいということでした。

デメリットとしては、付き合う期間が短くなってしまったり、思いのほか距離があったり、時間が合わなかったりしてデートを重ねるのが大変、ということ。確かに会社や学校での出会いは確実にご近所さんであることが多いですもんね。でもサイトはいろんな人が登録していて、地域も〇〇市、まで限定しちゃうと、場所によってはぐっと人数が少なくなって出会いを求めるにはなかなか厳しそう。結局県内程度になるんだけど、そうすると実際に話を聞けば県の端と端、ということもあり得ますね。デートは車が必須、という感じになりそうです。

日本ではまだまだサイトでの出会いというものに抵抗があるのですが、実はアメリカでは結婚したカップルの3分の1がインターネットで知り合った、という驚くべき情報も見つけてしまいました。ある一定期間の間に結婚した人を対象にアンケートをした結果だそうです。しかも、比較的高所得な方々が多いのだとか。つまり玉の輿や逆玉も夢じゃない出会いがサイトには転がっている可能性が高い、ということになりますね。これは驚くべき情報だと思いませんか?がぜん結婚につながる出会いへの期待が高まります。

ただ、サイトで出会って結婚した人についてちょびっとネガティブな情報もありました。それは「サイトの利用をやめられない」ということです。単純に出会いを求めるサイトを利用するのが趣味になっていたり、素敵な人と出会えたからこそ、もっとすごい出会いがあるかも、という期待が抜けずに利用を続けてしまうことがあるのだそうです。

でも、それはお互いに思いやる心とかを忘れずに大事にしていければここは心配ないような気がしますよね。実際には幸せな結婚生活を送っている人の方が圧倒的に多く、上にあったようなものはごく一部、ということのようです。

どんなことにも不安はつきものです。でも、1%の不安に捉われて動けなくなってしまうよりは、99%の可能性に欠けていく方が確実に結婚につながる出会いが手に入るのでは、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です