このページの先頭です

恋活、婚活の出会った相手に対する断り方は?

270views

投稿日:

婚活がうまくいかない、という話をすると言われるのが「選びすぎじゃないの?」とか「高望みしすぎじゃないの?」というようなことです。いやいや、そんなに高望みをしているわけではないけれど、やはり多少なりと好みや、どうしても譲れない部分はあるわけです。それでなかなか相手が見つからない、という場合は自分が凹むだけで何とかなるのですが、問題はこちらとしてはNGなお相手にものすごく好かれてしまった時です。第一印象から苦手なんだけど、無下にするのもと思いニコニコ相手をしていたらものすごーく好かれて猛烈アタックを受けてしまった、というような場合。または、会ってゆっくり話してみたらちょっと違う、というような場合もありますね。

しかし、ここで「ちょっと無理なんで」とか断ると、後が怖いと思いません?だって女性の連絡網ってすごいわけです。全然関係ない人が「ひどい断り方をする人だと聞いている」という話をしたりするわけですよ!思い出してください、学生の時の女子の団結力を。それでせっかく参加した婚活パーティーでぼっちになったりするなんてたまりませんよね。

そこで、上手な断り方についても知っておきたいと思います。まず大前提として、「俺的にはない!」と心が決まったら早めに伝えることです。引き延ばして引き延ばして、相手が「この人となら結婚できる!」となった時にいきなりぶった切るよりは、初期の方が絶対お互いにとっていいはずです。お相手だって、早く結婚したいと思っているかもしれないのですから、無駄な時間を過ごさせても申し訳ないですよね。

そして、相手のどこが悪いからNG、みたいな言い方をしないことです。「見た目が好みじゃない」とか「年がね~」とかは絶対ダメです。自分が言われて傷つくようなことは口に出さないようにする方が無難です。じゃあどうやって断るのさ!って感じですが、その際には結婚観の違い、を強調するやり方がお勧めです。真面目な話、こちらは結婚してからも2人の時間を過ごしたいな、と思っているのに、お相手は子どもがすぐ欲しい!と言っていたら、その時点でお互いの気持ちは思いっきりすれ違っているわけです。これが合わない人と結婚したら後悔しますよね。それはきっとお相手も納得すると思うのです。

ですから、「いろいろお話させていただいたのですが、私では○○さんの望み(つまりは結婚観)を叶えることができないかも、と感じ始めました。大変申し訳ございません。」のような内容でさらっと伝えるのが得策かと思います。でも、これだけだと勘違いする人はいるので「今回はご縁がなかったということでお許しください」のような一文を入れるとさらに良いかと思われます。

「え、でもこれ本人にどうやって伝えるの?」ですが、僕は断然メールをお勧めします。だって、言えませんって。メールやLINEでのお断りがベストです。ただ、ここでタダの失礼な人にならないためにも、大事な話をメールやLINEで済ませることについては一言お断りを入れた方がいいと思います。断るのですから、好かれる必要はありませんが必要以上に嫌われる必要や、嫌な人という印象を残す必要もないからです。

僕がお勧めする婚活の際に「どうも違う」と思った時の断り方、いかがだったでしょうか。でも、断る前に「この人と会えなくなっても本当に後悔しないかな?」ということはしっかり考えましょうね。第一印象だけで断ってしまうと、他の人と話しているときに「あれ、俺ってしまったんじゃないの?」なんてなってしまうこともあります。会う約束はしなくてもいいと思いますが、少なくとも数回はメールなり何なりのやり取りをして、そこからどうするかを考える、ということをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です