このページの先頭です

婚活・恋活を同時進行で進める時の注意点

127views

投稿日:

複数の人と同時に付き合う。だって一人になんて絞れないよ~!それはどう考えても通常では責められてしまいそうな状況なのですが、婚活では「あり」なのです。実際、結婚相談所などでは、最初から一人に絞らず、数人をお付き合い相手、未来の結婚相手としての候補に入れて同時進行していくようにとアドバイスされることもあるそうです。

何で婚活の同時進行はありなのか?それはズバリ、効率よく進めていくためです。年齢が上がれば上がるほどどうしても結婚が遠くなるし、婚活が長引けば長引くほど「婚活疲れ」なるものが出て来てペースダウンしてしまうことが増えます。それを防ぐためにも、できるだけ短期間でキメていきたいわけですね。この考え方は特に女性に強く現れます。女性は妊娠出産というものが視野にあるため、案外同時進行をしているのです。だからこそ、良い感じ、と思っていたらいきなり交際終了とかになってガーン・・・みたいな。

最初から一人にターゲットを絞っていると、相手がそうではなかった場合のロスタイムが大きすぎます。複数人数との交際を同時進行していく、というのは婚活を成功させるために欠かせない戦略だと言っていいでしょう。決して二股とかではないのです!

ここで伝えておきたいのですが、婚活の同時進行を成功させるためにはとても大切な3つのポイントがあります。

1.同時進行する人数は2、3人程度にしておくこと。
2.本気でお付き合いするまでのプレ交際期間を設けること。
3.同時進行で付き合う期間にリミットを設けること。

1.については、人数が多すぎると約束などが把握しづらくなるからです。お付き合いしている間は、電話やLINEのやり取り、そしてデートとやることが盛りだくさんです。相手がどんな人であるかの情報収集をおこなっていかねばなりませんが、人数が多くなりすぎるとどれが誰の情報だったか分からなくなりますよね。デートの最中に別の女の子の話をしてしまったとしたら・・・?考えるだけで恐ろしいですよね!

2.については、本当にお付き合いをし始めると、同時進行というのは良心が痛んだりしてやりにくくなるからです。複数人数とお話をしたり、情報交換をしたりして、そのときに集めた情報の中から「本気でお付き合いしたい人」を決めていくのです。お付き合いの前のプレ期間は、相手を見極めるために必要なことと割り切りましょう。当然プレですから、この間にとっとと体の関係を持ってしまおう、なんていうことは考えないように!あくまでもただのナンパではなく、「婚活」ですからね。

3.については、1ヶ月を目安にしていきましょう。あまりダラダラ続くと、複数の相手をするのに疲れ果ててしまうからです。また、相手があなたに対して好印象を持ち、結婚を前提としてお付き合いをしたい、と本気で思い始めたらデートの間隔を縮めてきたり、LINEや電話の頻度が上がってきたりするでしょう。そしてこちらもある程度相手のことが分かり、この先付き合っていきたいかそうでないかを見極めることもできます。ダラダラ付き合っていても婚期が遅れるだけで何のメリットもありません。目指すはあくまでも「結婚」ですので、そこはシビアにいきましょう。

複数のお相手とのプレ交際、または交際をしていく同時進行は、それぞれのお相手の良いところ、あまり好きではないところを比較することができます。その中から自分が本当に結婚相手に求めていることを探し出すこともできます。自分はどんな人と一緒にいたいのか。これを本気で見極めるためにも、ぜひとも上手に同時進行をしてください。そして、短期間で婚活を成功させ、幸せな結婚ができるように頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です