このページの先頭です

婚活するなら今までと視点を変えてみよう!

199views

投稿日:

婚活で今までの価値観を変える

婚活するには、まず結婚に結び付くような出会いを求めて出会いのある場所に出かけて行くことが大事です。ですが社会人であれば仕事関係以外での新しい出会いを見つけるのは難しいですし、出会いの場を見つけるのも困難です。

出会いのためにサークルや習い事を始めても良いですが、自分と歳の差があれば話しかけないまま終わってしまうこともありますし、楽しくなければもう自分から出会いを見つけに行くにも嫌になってしまうでしょう。ですから良いのが婚活サイトです。

ネット婚活というと個人情報が悪用されないか、といったことやサクラがいるのではないかという不安もつきものですが、婚活サイトも身分証明が必要であったり、ちゃんと住所登録もしなければいけないような優良サイトであれば心配や不安も軽減させることができるものです。

個人情報をネット婚活で提示させるのは勇気がいりますが、それくらいの覚悟で登録している人ばかりがいる婚活サイトであれば、誠実な人が見つかる可能性も高くなるでしょう。ですから優良サイトかどうかということは、面倒な手続きが多かったり、確認が多かったりすることでもわかるものです。

手続きが楽で便利に使える婚活サイトでも優良なサイトはありますが、利用するのにどういった点が異なるのか、複数のサイトを比較してみても良いです。利用したいサービスや便利なシステムはあっても、利用するのには追加料金が発生することもあるので、エスカレートしないようにするためにも自分でどこまでのサービスを求めているか自己確認しておくことも必要です。

そして婚活は今まで出会えなかった人と出会うことができるというのが魅力の一つでもあります。年下の人と出会っても話せなかった人や、バツイチの人は結婚対象外だったような人も、婚活を機に話してみましょう。婚活サイトはお見合いと違い紹介してくれた人にも気兼ねすることなく自由に付き合えるのも良い点です。

自分が合わないと思っていた人と気が合う場合も

結婚というのは恋愛の延長にあるものというのが好ましいですが、今まで結婚を意識することなく異性と付き合ってきたような人であれば、今まで恋愛してこなかったタイプを結婚相手として考えてみても良いです。

スポーツが好きでないような人はスポーツやアウトドアが趣味だという人とは相性が合わないだろうと思ってしまうこともありますが、話してみたら意外に共通点があったり、結婚相手としては趣味が合わないほうがうまくいくということもあるものです。

お互い同じ趣味だとどこに行くにも何をするにも一緒になってしまうということもありますし、ついついお互いの趣味に関して口出ししてしまうということもありますが、趣味が別であればお互い干渉せずにそれぞれの趣味を楽しむことができるものです。

特に晩婚の人は自分の趣味に夢中になってしまって婚期が遅れてしまったということもあるので、趣味はそれぞれが楽しめるように、共通でないほうが良いということもあるものです。趣味は同じでなくても価値観が似ていればうまく結婚生活を送れることもあるので、趣味や好きなものが違うからといって結婚対象外にしないようにしましょう。

対象外を減らすことで、自分が結婚したいと思える相手の条件もグッと広がります。また、それは仕事に関しても同じです。

夫婦で似たような仕事をしているとお互いに張り合って疲れてしまうこともありますが、全く別の業種であれば、仕事の話をしていても新鮮味を感じることがあるものです。条件ばかりを比較して婚活をしている人は、自分の合わないと思っていたものに目を向けてみたり、人を見る視点を変えてみるというのも良いです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です