このページの先頭です

恋活、婚活の成功例は?

209views

投稿日:

俺もそろそろいい年。周りもじわじわ結婚する人が増えてきた。おいて行かれるのもイヤだし、真面目に結婚を視野に入れよう。でも今、彼女がいない!それならレッツ婚活だと情報を集めるも、ふとよぎるのが「全然成功しない」「出会いなんてこれっぽっちもない」と嘆くSMSの声です。全員がそんなわけないさ!と思いつつも、やはり不安にはなりますよね。何度も断られたらどうしよう、プライドズタズタだよね、なんていう気持ちも湧いてきます。

しかし、もちろん婚活大成功で結婚している人はたくさんいるわけです。「よし、俺も続くぞ」と思えるような婚活の成功例を探してみました。ネットや婚活系のHPから情報を集めてきた結果、成功例に共通する情報をいくつか発見しましたので、比較的簡単に誰でもできそう、と感じたポイントについてここに述べていきたいと思います。

まず究極は「結婚願望がきちんとある人が集まる場所に行くこと」です。婚活アプリや婚活パーティーの中には「ちょっとお付き合いできる人を探してみたい」という人や「誘われたからちょっと来てみたのよね」という、軽いノリの人がいるのも事実です。もっとぶっちゃけてしまえば、何らかの営業をかけるためにやってくる人がいる、というのも事実のようです。そんなの時間の無駄無駄!ということで、本気で結婚したい、という場合には、本気の婚活をしている人たちが集まるパーティーに参加することが大切です。そのためにも、ネット等での情報収集は欠かさないようにしましょう。婚活サイトであれば、お相手のプロフィールチェックも細かく!結婚したい人を対象にした方が確実に成功が近づきます。

そして、「現実を見ること」です。婚活の際にはとかく自分を高く見積もりすぎるところがあるようです。何でも、男性は女性の顔とバストの大きさをとても気にする傾向があるとか。気持ちは分かりますが、怪しいお店じゃあるまいし、そこで選んでたら結婚に至るのはかなり難しいと思った方がいいでしょう。結婚は見た目だけの問題ではなく、性格や年収、将来設計などいろいろなことが関係してきます。自分には釣り合わないような高望みな相手ばかり探していると、いつしか年を取り・・・となってしまうかもしれません。まずはリアルを見ましょう。自分をシビアに分析し、そのうえで、自分が結婚相手に対して出す条件は見合っているか?を再確認してください。

さらに大事なのが、スピードです。時間をかければかけるほど、盛り上がった感情が落ち着いていき、「やっぱりこの人じゃなくてもいいかも」となってしまいます。うまくカップリングできたら、そして「この人だろ!」と思えたのなら、ぜひ勢いに巻き込んでしまってください。後でしまった、とならないためには、最初にきちんとプロフィールを確認し、自分の譲れない条件をちゃんと満たしているかをささっとチェックしておくことです。例えば共働きしてほしいのに、相手が専業主婦希望だと結婚してから「こんなはずじゃなかった」ってなっちゃいますよね。「共働き」や「同居」、「子どもはすぐ欲しい」など、自分の中の大事な条件を真っ先に、それとなく確認するようにしておきましょう。

結婚したい人が集まる場所で、冷静に自分を判断して相手を選び、この人、と思ったら勢いに巻き込んでいくこと。この3点を意識して婚活に挑んでいけば、あなたもきっと婚活の成功例として婚活サイトに体験談がピックアップされる日も近いでしょう。そして最後にマインドセット。1年以内に結婚するぞ、というような決意をしておくことも大事です。幸せな結婚生活を送る俺、を想像し、それを叶えるぞ、そしてそれは叶うぞ、と決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です