このページの先頭です

恋活や婚活のテクニックについて考える

137views

投稿日:

結婚なんて簡単さ。婚活サイトに登録したり、結婚相談所に登録したりしてちょいちょいっとお見合いパーティーをこなせばすぐに見つかる・・・そんなことを思っていませんか?結婚できないんじゃない、しないだけ。女性がよく言うそうですが、男だってそうです。あわよくば、年取ってから若い女の子と結婚してもいいな、とか淡い夢を抱いていたりするわけです。

でも実際のところ、年齢が上がれば上がるほど厳しくなるのが現実。若いうちは顔や雰囲気、勢いだけでもいけますが、年齢が上がってくるとやはり注目を集めるのは「年収」になってきます。そこだけで決められるようになったら、どう考えても自分とぴったんこな相性を持つ人に巡り合うのは厳しくなってきますよね。

そこで必要なのが、やはり婚活に関するテクニックです。テクニック、と言ってもそんなに難しいものではありません。データより、自分自身に注目してもらえるようにするちょっとしたコツを覚えればいいんです!まずは服装です。目立ちたい、おしゃれと思われたいという気持ちが強くないですか?または、ありのままの俺を見てくれ、ということでおしゃれとは程遠いスタイルで行こうとしていませんか?

もちろんNGです。第一印象は何よりも大事、人は見た目が100%!!!そこをアップするだけで、その後の会話のはずみ方も違います。大事なのは、「自分に似合う、自分をよく見せてくれる服を着る」ことと「女性好みの洋服を着る」ことです。最近では買い物同行サービスみたいなものもあります。女性が選んだコーディネートを丸ごと販売しているサイトもあります。そういうのを上手に活用して、まずは婚活女性の惹きつけるようにしていきましょう。

見た目をクリアしたら、次はトークです。とっておきの話を必ずいくつか持っておきましょう。それを話しやすくするために、プロフィールを書くあのカードが超重要な役割を果たしてくれるのです。ただただ面白くない自己紹介にせず、「私もそうなんです」と言ってもらえるような面白い癖や習慣の話を書いたり、趣味なら多少なりと細かいところまで書いてみたりしましょう。同じ読書でも、好きな本を細かく書いている方が相手も話しやすいものです。同じ作家さんの本が好きだったりするとそれだけでも盛り上がりますからね。マンガ本も本ですから、愛読書の欄にばっちり書き込んでおきましょう。話のネタにしやすいです。

そして好きな食べ物も共感して話が盛り上がりやすいです。食べ物の好みが同じ、ということを見せることで、「この人なら将来一緒になっても大丈夫かな」という安心感がお互いに生まれることもあります。「ラーメンならとんこつ派です!」や「スイーツはどこどこのコンビニ派です」みたいに書いておくと「どこがお勧めですか?」や「私もそれ好きなんです!」という話がしやすくなります。

見た目が爽やかで、自分らしさを醸し出しているというところで好印象を与え。プロフィールを見たら話題にしやすい内容が盛り込んである人。しかも趣味や好みが分かりやすくて、盛り上がりやすい人。そんな人なら、とりあえずゆっくり話がしてみたい、と思っちゃいませんか?こちらからグイグイ行くのではなく、相手に興味を持たせる戦法を取る。それが究極の婚活テクニックです。

ただし。嘘をつくとすぐにばれちゃうので、印象を良くしようと読んだこともない本を書いたり、本当は好きでもないのに今話題のスイーツや食べ物の名前を書いて「好きです」と言ったりしても話していたらすぐにぼろが出ます。自分を偽るのではなく、ちょっとだけ印象アップさせることが大事な婚活のテクニックですから、使い方を間違えないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です