このページの先頭です

恋愛の掟!年の差なんて関係ない?!

176views

投稿日:

あなたの恋愛対象は?

結婚したいけど、出会いがないから恋愛ができない。そう思っているあなた、本当に出会いがないのでしょうか。もしかして恋愛対象を絞っているってことはないでしょうか。例えば年齢について、同年代もしくは5歳差以外の人は初めから除外してませんか。自分よりすごく年下、もしくはすごく年上の人だからといって、最初から恋愛対象から外す必要はありません。今の時代、歳の差カップルは珍しくありません。年齢よりも重要なのは、相手の中身やあなたとの相性です。もちろん周囲の目は気になるかもしれません。年齢差がある人を結婚相手として、友達や親族に初めて紹介するときは緊張しますよね。きっと驚かれたり、場合によっては反対されることもあるかもしれません。しかしあなたが心から結婚したいと思った相手であれば、時間は掛かるかもしれませんがきっと周囲も認めてくれるはずです。そして親としても自分の息子がいつまでも結婚しないよりは、好きな相手と結婚して幸せになってほしいと願うはずではないでしょうか。

年の差婚のメリットとデメリットとは?

恋愛において重要なのは友達や周囲がどう思うかではなく、「この人と一緒にいたい」と思う気持ちであり年齢や出会いは関係ありません。そう断言する前に、年の差婚について詳しく知っておくことも大切です。年の差婚とは、一般的に10歳以上年齢が離れているカップルの結婚をさします。よく言われるデメリットとしては、家計を支える方が年上の場合、子供の将来の学費に不安があるという経済面があげられます。また、年齢差ゆえにどちらかが先に逝ってしまうと、老後に片方だけ残されるという覚悟が必要になるでしょう。他には、世代間ギャップによる価値観の違いがあげられます。育ってきた時代が違うため、当時の流行りやTV番組などの話が合わなかったり、物事に対する考え方に相違が出たりします。仕方がないことではありますが、そのギャップは簡単には埋まりません。ただ年齢差は決してマイナスではなく、プラスの面も多く存在します。例えば年が離れているため、もめごとが起きた際にはどちらかが折れ、あまり大きな喧嘩にならず落ち着いた関係が保てます。また相手の女性が年上だった場合、甘えたり弱みを見せたりることができ、ホッとすることもあるかと思います。その上、彼女の豊富な知識と経験に助けられることもあるでしょう。一方、相手の女性が年下だった場合も、若さと愛らしさはもちろんのこと、あなたを頼ってくれることで、男性としての自尊心を高めることができるでしょう。デメリットである経済面や老後、価値観の違いなどは、結婚する前によく話し合い、どうすればいいのかをあらかじめ決めておくことやお互いに価値観を認め合うことが重要です。

年の差OK。でもどうやって出会う?

恋愛対象がぐんと広がったところで、次の課題は出会いについてです。同年代の友達しかいない場合、プライベートで知り合うきっかけは少ないですよね。マイナビウーマンのアンケート調査によると、年齢差があるカップルの出会いのきっかけについては、学校の先生や家庭教師とその生徒、店長とアルバイト、上司と部下、夜のお店などが挙げられていました。出会い時の関係性は特殊であるかもしれませんが、年上だから年下だからと躊躇せず、法律上や仕事上問題がないのであれば一つ一つの出会いを大切にして、好きになった人がいればどんどん恋愛してみるのもいいのかもしれません。また回答の中には、お見合いやネットというのもありました。自ら出会いの機会を積極的に作っていくという努力が実を結ぶ場合もあるのでしょう。最後に恋愛は自由ですが、結婚は覚悟や責任が伴います。幸せな結婚のためにも結婚前に二人でよく話し合うことで、年齢差の壁は超えられるはずだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です