このページの先頭です

恋活と出会い系とヤリモクについて

270views

投稿日:

この間ネットを見ていたら「出会いだけが目的でSNSをしている人を見分ける!」みたいな記事や「オフ会に出会い目的で来ていると思われるのが嫌だ」みたいな記事を見つけました。いや、いろんなところに行くのに出会いを一切目的にしていない人なんているんでしょうか!恋愛対象以外でも、趣味を分かち合える楽しい仲間や理解しあえる友達との「出会い」を目的に人って動いてるでしょう、とか思ってしまいましたよ。でも、出会いが目的なんです、というと途端に周りから引かれてしまうような現状があるようですね。草食系や、恋愛なんて別に要らない、という人が増えている影響なのでしょうか。

 

そこで、なぜ出会いを目的にしているとオフ会のような場では引かれるのか、ということをリサーチしてみました。そこに気を付ければ、実際に出会いを求めていてもまずは普通に受け入れてもらえる、つまり、出会いにつながるチャンスがゲットできるということですからね!

 

「この人出会いだけが目的でしょ、嫌だ!近づかないでおこう」と思われる行動の中に、いきなり早々に体の関係に持ち込みたい、という意図が見えることばかりをする、ということがあるようです。すぐに下ネタを言う、ボディタッチばかりをしようとするなど、明らかに下心がミエミエ、という態度はかなり嫌われるようですね。もしかしたらフレンドリーにしようとその人なりに頑張っている場合もあるのかもしれませんが、そちらの方向でフランクにしてしまうのはちょいと問題があるようです。

 

特にお酒が入る席になると、どうしてもこれをやりがちになります。男女混合のオフ会なのに、最初から女性ばかりに話しかけていくとか、女性の連絡先だけ聞こうとするなどは排除されやすいようです。そもそもネット上に「出会いだけが目的の人の行動の特徴」のような感じでピックアップされているので気を付けましょう!

これから分析していくと、いくら早くプライベートな関係に持っていきたい、と思ったとしても、最初の数回はぐっとこらえる方が「カラダ目的」「お持ち帰りだけが目的」と勘違いされにくいようです。女性のネットワークってすごいので、誰かにそう認定されてしまうと情報が回ります(汗)。同じような系列のオフ会やコンパではみんながサーッと遠ざかっていくようになり、出会いはおろか、普通の話さえもできない状態になりかねませんので注意が必要です。

 

あ、でも最初から出会いが目的の婚活パーティー、恋活パーティーは別ですよ。そこは逆にガツガツ行かないと、パーティー慣れした人に全部持っていかれてしまいます。といっても、やはりここでもいきなり下ネタで笑いを取ろうとしたり、話もろくにしていないのに他の場所で二人になろうと誘ったりするのはNG行動です。しっかりトークをして、お互いある程度気が合うね!という話になったところで連絡先の交換に持って行った方が好感度は高いようですから・・・。

 

婚活や恋活のように、お互い出会いが目的で来ている場所と、オフ会などの恋愛抜きの出会いを求めている人が来る場所ではそれぞれマナーの違いがあることがよく分かりました。ただ、それぞれのマナーをきちんと守っていきさえすれば、どちらでも恋愛関係に発展する出会いはゲットできる、ということだと思います。実際にオフ会で知り合ってそのまま意気投合して付き合っちゃう人だって多いわけですからね。

 

もしも同じ趣味を持つ人との、恋愛関係に発展する出会いを目的にオフ会に参加する場合には、婚活・恋活よりも控えめに行動することを心がけていってください。ちょっと回数や時間はかかるかもしれませんが、きっといい出会いにつなげられると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です