このページの先頭です

出会うためのキッカケづくりを真剣に考えてみよう

201views

投稿日:

男ばかりの職場、女っ気ナシ。それなのに、同じように仕事している同僚や先輩、後輩にはどうして彼女がちゃんといるのだろう。出会いがないってみんな言ってるわりにちゃっかりしている。そして次々結婚して行ったり。みんな、出会いのきっかけっていったい何ですか?それ、どこに転がってるんですか???

 

出会いのきっかけで一番多いのって、何だと思いますか?実はダントツ一位はやはり職場だそうです。同僚だけじゃなくても先輩後輩、いますもんね。でもそれと同じくらい、友人や知人の紹介があるそうです。実際私も紹介は頼まれたことが多々ありますし、シングルで~す、とやっている時は不思議と「いい人がいるんだけど、ちょっと会ってみない?」というような話が舞い込んできてました。

 

ただ、紹介をもらおうと思ったら若干日頃の行いが大事になってくるところはあります。とんでもない人には紹介しようとは思わないですよね。人からの紹介に出会いを求めたい、と思っているのなら日頃からきちんとお付き合いしておく、嘘つかない、約束破らないなど、「イイ人です」アピールをガンガンしておくことを強く強くお勧めします(笑)。

 

そして、きちんとアピールしておくことも重要です。出会いを求めてます、恋人欲しいです!とそれとな~く周りに伝えておきましょう。言わなくても寂しいオーラが出ている人はいいですが、「え、恋人いないなんて知らなかった!」ということも結構あります。案外見られていないので、「みんな言わなくても分かるだろ」はNGですよ!

 

そして3位は学校関係。学生の時の先輩後輩、同級生などといったもの。その頃からずっとお付き合いが続いているとか、同窓会で会ってお付き合いするようになった、というようなこともよく聞きます。昔の自分を知っている相手って無条件に信頼しちゃいますよね(笑)。久々に会ってみたら「あれ、ちょっとカッコよくなってる」とか「可愛くなってる~!」という経験、私にもありますし、それでお付き合いが始まったことも確かにありましたね。

 

そして意外に最近増えているのがインターネットでの出会いです。実際ニュースなんかを見ていてもちらほらとFacebookでの出会いがどうの、ということを見かけるようになりました。一時期大流行りした不倫サイト「アシュレイ・マディソン」もネットチャットでしたよね。

 

しかし、出会い系サイトのように目的が結構ソッチ系というものばかりではなく、とてもまじめな出会いも増えています。実際、私の知人も奥様との出会いはネット。詳しくは突っ込んで聞いていませんが、それで結婚まで行くのですから全然アリなのでしょう。

 

Facebookや掲示板、チャットなどでお互いのことをたくさん話し、理解してから実際に会う、ということも多いようです。見た目ではなく中身でお互いを選ぶことができるので、実際に会うととてもうまくいくようです。同じオンラインゲームをしていてオフ会で、と言う話も多くありますよね。それもちょっと運命っぽくって憧れますよね。

 

また、ネットと同級生を組み合わせた最強コラボもありあり。そう、Facebookなんかで何十年ぶりに昔の恋人を見つけて連絡を取ってそれから再び愛が・・・なんていう王道パターン。ネットが発達してくれたおかげで出会いの幅がとっても広がった、というのが正直な感想です。

 

出会いがない、と嘆いているあなた。どうです、出会いのきっかけはあらゆるところに転がっているのです。まずは友人知人と連絡を取ってみる、同窓会などのイベントには顔を出してみる、みんなに「今恋人いないんですよ」アピールをしっかりしておくなど、できることからスタートしましょう。出会いのきっかけはすぐそこに!ですよ。

↓オススメのマッチングサービス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です