このページの先頭です

出会いの少ない30代40代の独身男性の出会い方ベスト5

332views

投稿日:

30代や40代になると、なかなか異性と新たに出会うチャンスが無いと悩んでいる人も多いでしょう。
異性と触れ合う機会と言えば、職場の同僚や取引先の担当者など仕事関係が大半かもしれませんが、そこから恋愛に発展するのはそう簡単なことではありません。恋愛に発展出来ないだけならまだしも、最悪な場合は悪い評判を立てられて職場での立場まで危うくなってしまうかもしれません。

1)恋愛・婚活アプリを使って気軽に出会い数を増やす

このように大人になってある程度の年齢になると通常の生活をしているだけでは異性と新たに出会うことは難しく自ら積極的に行動する必要があるのです。

そこで、お勧めしたいのが恋愛・婚活アプリなどの出会い系ツールです。

これらのツールを使うと簡単に異性と出会える可能性が高まるだけでなく、万が一うまく行かない場合でも後腐れなく関係を終わらせることが出来るため、職場を追いやられるリスクを負う必要はないようです。

出会い系サイトと言うと如何わしい詐欺サイトを連想する方がいるかもしれません。

実際、出会い系サイトの中には詐欺サイトもしていますが、一方で本当に出会いを求めている女性が利用している場合も多いのです。サイトの中には大手の結婚情報紙が主催するものやカップル成立の実績が多数ある信頼できるサービスも多く存在しているので偏った先入観で判断せずにしっかりとした情報を取得したうえで判断する必要があります。

出会うためのシステムはサービスにより何種類かありますが、もっとも一般的な流れをご紹介します。まずサービスを利用するために会員登録をします。

次に、相手の異性に求める条件を入力し、マッチした相手の中からお気に入りの人を探します。気に入った異性が見つかった場合は、相手にコンタクトを取ります。その際、コンタクトを取るために専用のポイントが必要となる場合が多く、ポイントを有料で買い求める必要があります。(初回登録で一定ポイントを無料贈呈される場合も多いです)

その後、ポイントを使用して相手とコンタクトを何度も継続して相手と会話を続けます。そして回数を重ねる中で信頼関係を築いたのち、個別連絡先を交換したり、待ち合わせをして本人同士で直接会うのが一般的です。そして、この段階でもしもお互いに相手に対して好意的な印象を持っている場合は、その後もデートを重ねてお付き合いへと発展していくのです。

このようなシステムでは通常、ポイントの購入単価は男性の方が高く、女性の方が安い設定となっていることが多いです。有料サイトと聞くと身構える人も多いかも知れませんが、きちんとした異性との出会いを求めるのであれば、多少の出費は覚悟する必要があるでしょう。

 

2)婚活パーティーに参加してみる

婚活パーティーは積極的に出会いを求める人々が利用する、最も一般的な方法の一つでしょう。

婚活パーティーと言っても種類は様々で、特定の条件が決まっている場合も多くあります。

例えば、対象年齢を絞って特定の年齢層だけに限定している場合が多いです。また、年収の条件が決まっている場合もあり、職業を限定している場合もあります。例えば、医者限定の婚活パーティーなどは高収入の男性を目当てにした女性が多数集まります。また、特定の趣味を持っている人限定の婚活パーティーも存在しており、パーティーというより同好会の趣向が強い場合もあります。

このようにターゲットを明確にすることで出会った後のミスマッチを減らすことが出来るので、一見すると厳しい条件のようですが、厳しい条件でフィルターをかけることは結婚を目的とした出会いのためには非常に意味のあることなのです。

婚活パーティーにかかる費用は基本的に参加費のみで、一般的には男性の方が女性よりも高額に設定されています。その理由は、女性より男性の方が平均収入が多く経済的に余裕があることと、慣習としてデートの費用について日本では女性より男性が多く支払うことが多いことも関係しているでしょう。

ただし、先ほどご紹介した医者限定の婚活パーティーのように男性の方が売り手市場の場合は状況が逆転し、男性よりも女性の方が数倍も多く負担する場合もあります。 他の手段に比べて婚活パーティーの優れているところは、一番最初から相手と直接会って話をするため、外見に対する認識違いが無いことや、知り合ってからの展開が早いこと、多数対多数のため1対1と比較して気楽に出会うことが出来る点があります。

また、婚活パーティーを主催している運営によっては、参加者をしっかり選別しているため、最低限のお墨付きを保証している場合があります。

しかし悪徳業者が運営している場合もあり、異性がサクラで参加者を騙す目的で開催される場合もあるため、婚活パーティーへ参加する際は主催者側の評判についてしっかりと調査してからの方が無難かもしれません。マルチ商法のターゲットを探すために参加している人もいるので、投資や資産運用などの話を頻繁に積極的に持ち掛けてくる相手がいた場合は少し疑る気持ちを持ちつつ対応しましょう。

また、緊張症の人にとっては初対面の人といきなり会話をすることが難しいと感じる人もいるでしょう。初対面で上手に会話をする自信が無い人は、まずは直接会わない別の手段から試してみることをお勧めします。逆に本番に強いタイプで直接会った方が好印象を与えられる自信のある方は婚活パーティーに参加されると良いでしょう。

3)結婚相談所に相談してみる

異性との出会いについて第三者機関に介在して貰い、自分とバランスの取れた異性との出会いを早く確実に見つけたい場合は結婚相談所を利用するのが効率的でしょう。

結婚相談所は異性との出会いに関するコンサルタントを請け負っている第三者機関のようなものであり、システムとしては恋愛・婚活アプリに近いですが、登録されているプロフィールをもとに、専門家の目である程度のフィルタリングを行い、バランスの良い相手と直接連絡を取り合う手段もしくは場の調整まで行ってくれるところが特徴です。

限られた時間を有効活用して効率的に進めたい方や、自分だけではなかなか進め辛く他者のサポートを求めている方、しっかりとした第三者機関のお墨付きを貰いたい方にお勧めです。 また、長年の経験を積んだ専門家のアドバイスは相手を選ぶ際に参考になることも多いので、自分の考えに固執し過ぎずおおらかな気持ちでアドバイスに耳を傾ける姿勢で臨みましょう。

しかし、個別のコンサルタントを設けるため、費用はその他の手段に比べてかなり高額となる可能性が高く、登録料だけで数十万円もかかるサービスもあります。また、成功報酬を採用しているサービスもあり、カップル成立もしくは結婚まで進展した場合は成功報酬として一定額を追加で支払う料金設定となっている場合もあるので、ご利用の場合はサービスのシステム面だけでなく利用料の面でもしっかりと把握しておきましょう。

成功報酬とは逆に、登録したが良い出会いに恵まれなかった場合に一定金額を返納するサービスもあるので、自分の希望に合ったシステムや料金のサービスを利用すると良いでしょう。結婚相談所によっては、その後の結婚式や住宅購入、各種保険加入についても情報を持ち合わせていたり特定のサービスと提携している場合もあるので、単なる結婚相手選びのサポートのみでなく、大きな視点で人生のトータルコーディネートを委託すると考えた場合は登録料や利用料を払ってでも結婚相談所にお願いしたいと考える人も多いでしょう。

大人になると自由に使える時間は限られているので、全てを自分で段取りを立てて進めるのは非常に労力を要します。 恋愛および結婚に関する相談事のアウトソーシングという考えでプロの専門家にある程度の情報収集や調整をお願いするというのも賢い選択の一つですので、多忙な社会人で真剣に異性との出会いで悩んでいる場合は検討してみると良いでしょう。

4)友達に合コンの開催を依頼する

友達に合コンを開催して貰って、友達も含めて楽しい時間を過ごしながら相性の良い異性を探すのも良い方法でしょう。友達には予め自分の理想のタイプや恋愛観・結婚観について伝えておき、それに合わせた相手を誘って貰えるように頼んでおくと、より期待通りの異性と出会える可能性が高まるでしょう。

合コンの際も友達には味方になって貰い、気になる異性へアプローチする段取り(席を隣通しにして貰ったり、連絡先を交換するタイミングを設けてもらうなど)を協力してもらうと非常にスムーズに進めることが出来ます。

ただし、友達の紹介の場合は、万が一気になる異性との関係がうまく行かなかった場合に、自分だけでなく下手をすると紹介してもらった友達との関係まで悪化しないとも限りません。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉通り、きちんと節度ある態度を取って、もしも良い異性と出会えることが出来た際は何かしらの形で感謝を伝えた方が丁寧でしょう。

また、友人を介して紹介してもらうため交友関係が近い可能性があるため、元交際相手が友人という可能性もあり、複雑な事情に巻き込まれてしまう確率は一般サービスを利用する場合と比べると多少は高いでしょう。出会った異性と親しい関係になったとしても、あまり交友関係については深く詮索しない方が良いかもしれません。

5)思い切ってナンパや居酒屋やバーで声がけをする

もっとも手軽で事前準備も要らない方法としてはナンパや声がけがあるでしょう。

街中で気になる異性がいた場合に、何かしらの口実を見つけて話しかけていき親しくなる方法です。 確実性は他の方法と比較して圧倒的に低いかもしれませんが、費用は不要で外見も自分の希望を満たしているので、万が一、相手が嫌がらずに応じてくれた場合は非常に効率的な方法ではあります。

ただ、出会いのきっかけが簡易であるため、関係自体も簡易であり、長期的に良好な関係が保てるかどうか保証はありません。ましてや結婚を視野に入れた場合、ナンパや声がけが出会いのきっかけというのは非常に危険でしょう。

親しくなった後に、自分同様にナンパや声がけをしてくる異性が現れた場合に、その相手と親しくなって自分が相手にされなくなる可能性もあるからです。 よって、ナンパや声がけは簡易な関係に適しているという前提を忘れないようにしましょう。 では、結婚を視野に入れて異性との出会いを考えている人にとってナンパは完全に時間の無駄な時間となるのでしょうか。

異性とのコミュニケーションに慣れる練習という意味では悪くないかもしれません。またメンタル的にも成長して打たれ強くなるでしょうから、普段異性と話す機会がなく、折角話せる機会に恵まれても上手に話せないで悩んでいる人には、一度自分を変えるきっかけとして試みてみるのも有効な方法の一つになるでしょう。

まとめ

これまで出会いに積極的になっていなかった30、40代のあなたの場合には、どれも一歩踏み出すのに躊躇してしまう点があるかもしれません。その躊躇の原因には二軸あると思います。

それは「コスト」と「度胸」という点です。その他にも、出会うまでの「時間」や既存の人間関係への「影響度合」などもありそうですね。

これらを比較してみます。

  恋愛アプリ 婚活パーティー 結婚相談所 合コン ナンパ
コスト ×
度胸の必要度 × ×
出会うまでの時間
既存の人間関係への影響度 ×
出会いの真剣度 ×

こう比較してみると、経験度があまりない方にとってとっつきやすいのが、恋愛アプリだということになりそうです。他の方法にも色々と特徴があり、あなたが求めるものに合致するならば活用してみるのが良さそうです。

しかし、まず経験値を上げる、とか、出会いの回数を比較的低コストに増やすという意図を持っているならば、恋愛アプリをまず活用していくのは選択肢に入れておいた方が良さそうです。

相手の女性も、アプリを使うのには抵抗が少ないはずですから、出会いの幅を広げますよね。

オススメの恋愛アプリはこちらです。

↓オススメのマッチングサービス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です