このページの先頭です

恋活疲れ、婚活疲れって感じたことあります?

89views

投稿日:

女性に比べれば、男性は「まだ結婚しないの?」なんて言われることは少ないかもしれません。逆に「独身貴族」と持ち上げられて「いいよな、自由で」みたいに言われることも多いですよね。しかし、男性だって女性と同じで結婚したいのです。海外ではパートナーがいてやっと一人前、みたいに扱われますもんね。それに、やっぱり疲れて家に帰って「ふぅ~」と思ったときに「お帰りなさい」なんて迎えてもらえたら幸せ感じそうじゃないですか!

その幸せを手にするために婚活を一生懸命するのですが、上手くいかなければ当然婚活疲れ、というのは出て来るわけです。お金と時間を費やして婚活パーティーに参加したり、婚活サイトに登録してやり取りをしたり。結婚相談所に登録してお見合いをしたりする。できる限り好印象を与えないといけないし、洋服も気を付けなきゃいけない、会話もネタを準備して・・・なんてことを繰り返しても、ダメなときはダメなんです。

そうやって男性が婚活に疲れたとき、どうやって凹んでしまった気持ちを奮い立たせればいいのでしょうか。

まずは一度休むことです。毎週末必死に婚活していたのなら、1週を自分の好きなことに費やしてみましょう。リフレッシュするにはスポーツが一番です。ジムに行って一日汗を流すだけでも全然違います。婚活に失敗し続けると「俺ってダメなのかも」と自分に対する自信が失われ、鬱状態になってしまうこともあります。一度思いっきり婚活を忘れて遊んでみましょう。随分と気分が変わります。

ただし、ここで婚活サイトから退会したりなど本気でストップしてしまうと、もう一度開始するのが難しくなります。ですので、少しゆっくり休もうか、というときでも、例えば結婚相談所からの紹介などはもらうようにしておきましょう。じゃないと本気で萎えた気持ちは元に戻らないですよ・・・。

そしてリフレッシュしたら、二度目の婚活疲れに落ち込まないために、婚活自体を見直していきましょう!例えば、あなたの第一印象はどうでしょうか。周りによく言われるのはどんなことでしょうか。「とっつきにくい」なんて言われるタイプならば、短時間で勝負をしなければいけない婚活パーティーなどは正直出遅れてしまうでしょう。口下手だったらなおさらです。じっくりお付き合いして人となりを理解してもらった方がいいあなたなら、むしろ結婚相談所で何度もしっかりプロフィール交換をしてお話をして、という順序を踏む方が合うと思います。今一度、他人の力も借りて「他人から見た自分はどんなタイプなのか」ということを分析をしていくことをお勧めします。

そしてもう1つ大事なこと。相手に求めるのは、身の丈に合った条件にすることです。自分はフリーターなのに、相手は正社員で年収いくら以上!なんていう条件を出す女性に対して厳しい意見が出されることもありますが、それは男性も同じです。自分はいわゆるアラフォーなのに、相手は絶対20代でスタイルのいい人じゃないとダメ、なんていうことを言っていたら、いくら婚活をしたところでなかなか難しいと思うのです。

まず自分自身を見直すこと。そしてその身の丈に合った相手をターゲットとすることです。「いやいや、望みは高く持ちたい!」というのであれば、自分もしっかり自分磨きをしなくてはいけません。楽しい会話ができるように知識を増やしたり、会話の仕方を学んだりすることも1つの手です。また、若々しい印象にするためにファッションに気を遣うなどもありです。

婚活疲れに陥った男性は、まず休息を取る。そしてそこから、二度目の婚活疲れに陥らないために、婚活のやり方自体を見直していくこと。この2点を頑張ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です